違法な業務委託契約に注意

業務委託とは、フリーランスの世界では当たり前のことであり個人が直接クライアントと契約を結んで、仕事についての条件を交わすものです。フリーランスは基本的にそうやって企業と契約書を交わすことによって仕事を受注することができるようになり、働きによる対価としてクライアントから報酬を受け取ることができるようになるというわけです。

しかしながら、そうして契約を結ぶことが絶対に安全というわけではありません。そもそも業務委託は発注者と受注者の双方が自由に決めてよい契約形態ですから、どちらか一方が悪意を持って契約を結ぼうと近づけば、無知に付けこまれて騙されてしまうこともあるため注意が必要なのです。フリーランスの世界では、いわゆるクラウドソーシングが一種のトレンドです。自宅に居ながら、インターネットを介してクライアントとさまざまな契約を結んでいきます。しかしクラウドソーシングでは基本的には当事者同士が直接顔を合わせるということがなく、要するに匿名性によって担保されているような状態ですから、契約という本来信頼によって結ぶべきものを結ぶ際に、より一層の注意をしなければなりません。

相手が本当に信頼できるかどうか、自分をだまそうとして近づいているのではないかということを見極められるかどうかが大切なのです。中には相手を騙そうと思って近づいてくる違法業者もいることにはいるので、クラウドソーシングで契約を結ぶならば細心の注意を払って事を進めていきましょう。また、安全第一で仕事を取ることを考えれば、フリーランス向けのエージェントを活用することをおすすめします。ひとつ仲介業者を挟むことで違法ができない環境を作るのです。このようにフリーランスとして活躍を継続していく中で、違法行為を避けるための知識も学んでいく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です